TOP > CSR > 一般事業主行動計画
    csr
  • 品質・環境・道路交通安全方針
  • 運輸安全マネジメント・労働安全衛生方針
  • 地域貢献活動
  • 人材開発
  • 一般事業主行動計画
  • Solution
  • 製品の安全輸送
  • 入出庫管理業務の委託
  • 最適物流のご提案
  • 廃棄物収集/運搬
  • イベント関連事業

CSR

一般事業主行動計画

一般事業主行動計画の公表について

松浦梱包輸送は、次世代育成支援対策推進法に基づき、「一般事業主行動計画」を公表します。

写真

次世代育成支援対策推進法とは

日本の経済社会に深刻な影響を与える急激な少子化の進行等を踏まえ、次代の社会を担う子供が健やかに生まれ育成される環境を整備する事を目的とした法律です。平成17年から10年間で集中的且つ計画的に取り組んでいくためにつくられたものです。

一般事業主行動計画とは

企業の従業員の仕事と家庭の両立等に関しては、事業主による取組みが必要となってきます。企業の事業主は、次世代育成支援対策の目標や目標達成のための対策・時期などを設定した行動計画を策定します。

一般事業主行動計画

計画期間

平成26年4月1日~平成29年3月31日
  • 内 容

目標1
労働者の育児休業中における待遇及び育児休業後の労働条件に関する事項について周知
対 策
平成26年5月~
・産前産後及び育児休業中の待遇や、育児休業後の労働条件に関する説明書を作成し該当者に配付する。
平成26年6月~
・社内報に連載記事として、「育児休業に関する特集」(仮題)欄を設け、当事者は勿論、役職者・一般社員にも解りやすい記事を掲載し、周辺従業員にも制度や処遇を理解して貰い、育児休業が取得し易い職場環境作りを行う。
目標2
職場優先の意識や固定的性別役割分担意識の是正のための情報提供・研修を実施する。
対 策
平成26年9月~12月
・従業員の意識調査を実施、及び対策の立案
平成27年4月~

・管理者研修やチームリーダー研修等に、上記の意識の改革に向けた内容を盛り込んだ研修を実施して行く。
・男女共同参画等の研修会等に、従業員を積極的に派遣する。
・女性従業員にフォークリフト運転資格等を推奨するため、新たな助成制度等を検討し実施する。

目標3
地域において子供の健全育成のための活動等を行うNPO等への労働者の参加を支援し、子育てに関する活動に貢献する。
対 策
平成26年10月~平成27年3月
・地域における子供の健全育成活動を行う団体について情報収集を行う。そのうえで、より貢献出来ると思われる団体の活動に参画して行く。
平成27年4月~
・本活動に対する取り組みを、社内報・ホームページ等で社内外に広報を行う。
平成27年10月~
・活動を行うにあたり会社としての取組みを明確にするため、女性役職者の登用を積極的に行い担当者を置く事により、社内外活動を活性化させて行く。



女性が管理職として活躍できる職場環境の整備を行うため、次のように行動計画を作成する。

計画期間

平成28年4月1日~平成31年3月31日
  • 内 容

当社の課題
  • ① 採用における男女別比率及び男女の継続勤務年数に大きな差は見られないが、
        管理職に占める女性割合が低い。
  • ② 女性を管理職に登用する組織内の風土が無い。
  • ③ 管理職を目指す(希望する)女性社員が少ない。
  • ④ 可能性のある人材はいるが、管理職になるまでに退職してしまう女性が多い。
目標
役職者(班長以上)に占める女性割合を15%以上にする。
取組内容・実施時期
<取組1>女性リーダーを育成するためのキャリア研修を実施する。
  • 平成28年  6月 ~ 女性社員を対象として、研修ニーズ把握のため、ヒアリング等の実施。
  • 平成28年10月 ~ 研修プログラムの検討。
  • 平成29年  4月 ~ 研修プログラムの決定。
  • 平成29年  7月 ~ 女性リーダー育成キャリア研修の実施。
<取組2>これまで女性社員が少なかった部署等に女性を積極的に配置する。
  • 平成28年  7月 ~ 女性社員の少ない部署の洗い出しの実施。
  • 平成28年  9月 ~ 女性があまり配属されてこなかった部署に女性を配置する上での課題を抽出。
  • 平成29年  2月 ~ 女性社員に対する労働実態把握のヒアリング実施。
  • 平成29年10月 ~ 女性労働者の積極的・公正な育成・評価に向けた上司へのヒアリング実施。
  • 平成30年  4月 ~ 配属を実施し、スキル向上及びフォローアップ体制の確立。